就業規則は社会保険労務士に依頼することで作成できます

就業規則について

手帳を持つ女子

会社には、様々なルールが存在します。出勤時間に関する取り決めや、就業時間に関する取り決め、他にも休日や給料に関するルールが存在するのです。
会社のルールは、会社の代表者が決めることが出来ます。そのため会社によってルールが大きく変わることがあります。
取り決めたルールは書面化しなければいけません。ルールが決まっていても、書面になければ暗黙のルールとなり守ることが難しくなるためです。
そのため書面化し誰でも常に確認することがで着るようにしなければならないのです。
会社で決めたルールを書面化したものを就業規則といいます。
この就業規則の内容により、会社の良し悪しが決まることもあります。
そのため大切な書類なのです。
就業規則は、作成義務がある会社とない会社に分かれます。自社に作成義務の有無があるのか確認しましょう。

税理士や弁護士の他に、社会保険労務士という士業があります。
従業員の労働に関する法律のスペシャリストです。
社会保険労務士と契約を行うことで就業規則の作成や、労働に関する手続きを依頼することが出来ます。
社会保険や雇用保険の加入手続きや喪失手続き、給付手続きや就業規則の作成、給料計算などの従業員に関する手続きを行ってもらうことが出来ます。
これらの手続きは、専門的な知識がなければ出来ないことや、手間になることが多いです。
社会保険労務士に依頼することで、事務的負担を軽くすることが出来るのです。

従業員に確認

ガッツポーズの男女

確認した就業規則素案は、従業位に確認させることが大切です。今後この就業規則に従って仕事を行ってもらうためです。その際に意見を聞くことが大切です。
作成した就業規則は労働基準監督署に提出を行わなければなりません。

Read more...

周知について

いろいろな資料

作成した就業規則は従業員に必ず周知させることが大切です。
従業員に周知させなければ就業規則の効力がありません。また周知を行う際に社会保険労務士に説明を依頼することが出来ます

Read more...

選ぶためのポイント

グラフの紙とビジネスマン

就業規則の作成を社会保険労務士に依頼する際には、様々な選ぶポイントが存在します。
社会保険労務士の事務所の労働トラブルに関する知識や、就業規則作成の知識の有無、他にも作成費用により選ぶことが最適です。

Read more...

  • 相談と診断

    作成した就業規則は、作成後も診断や見直しを行う必要があります。毎年法律が変わるためです。
    従業員による労働トラブルは、社会保険労務士に相談することが出来ます。相談することで的確なアドバイスを貰うことが出来るのです。

  • 作成の流れ

    就業規則の作成方法を知ることでスムーズに就業規則の作成を行うことが出来ます。
    基本的には、経営理念の確認、素案の作成、必須事項の記載漏れチャック、労働基準法が守られているのか確認といった流れが存在します。

  • 従業員に確認

    確認した就業規則素案は、従業位に確認させることが大切です。今後この就業規則に従って仕事を行ってもらうためです。その際に意見を聞くことが大切です。
    作成した就業規則は労働基準監督署に提出を行わなければなりません。